· 

Nikon FM2ミレニアムエディション

最も多く記念モデルが販売された年、それは西暦2000年です。

ニコンS3、コンタックスRX、ハッセルブラッド503CW、ライカM6、ペンタックスLX等の記念モデルが発売されました。

今回ご紹介するのは、そんなミレニアム記念モデルの一つです。

 

 

ニコン FM2ミレニアムエディション

ドラゴンモデルとも呼ばれています。

New FM2を基にミレニアムモデルとして2000台限定で香港で発売されました。

ドラゴンは竜、つまり辰年である2000年を干支で表現したものです。

香港での発売だったので、アジア圏ならではの文化が取り入れられたモデルと言えますね。

 

◆ミレニアムキットの内容品

・FM2ボディ(New FM2ベース)

・Ai-s 50mm F1.4

・各部キャップ

・ストラップ

・取説

・ミレニアムキット専用化粧箱(ドラゴンモチーフ)

 

◆ミレニアムキットの特徴

・ドラゴンをあしらったロゴマーク

・ボディとレンズでマッチしたシリアルナンバー(xxxx/2000)

・ボディやレンズは通常モデルと一緒の中身(機能)

 

ドラゴンマーク、シリアルナンバー、箱を除けば通常モデルとそれほど変わりません。

ストラップやキャップ類、取説もミレニアムやドラゴンの表記もなく、いたって普通のものです。

ボディフィニッシュも一見してチタンのように見えますが、真鍮とアルミ合金だそうです。

 

◆FM2のその他の記念モデル

・FM2/T戌 - 台湾で企画、主に香港で販売された戌年記念モデル。1994年発売。300台限定。ちなみに犬のロゴは秋田犬がモチーフとなっているようです。

 

・FM2 Lapitaモデル - 雑誌「Lapita」とのコラボレーションモデル。1999年発売。販売台数は200台以下と言われていますが、詳細は不明。ちなみにラピタはメンズライフスタイル情報誌で、現在は休刊しています。

 

 

◆あやふや豆知識

FM2/T戌モデルは300台限定販売でしたが、シリアルには31Xのように300を超える台数があったようです。これは故障品対応のためのストックだとか。ちなみに余った分はロスになったとか何とか。
そのこともあり、ドラゴンモデルでは2000台限定としていたが、その中には上記のようなストック分が含まれており、実際には2000台より少ない販売だったという話もあります。

 

 

今回きつね堂に入ってきたものはボディとレンズのみです。
塗装落ちなど通常に使用された跡がありますので、きれいに使わないといけない強迫観念にかられることなく気軽に使える中古品です(笑)
ねりま中古カメラきつね堂では全国どちらからでもカメラの買取をしています。
買取金額も相場の上で買い取るようにしておりますので、他店で下取り交換で出すよりもお得になるかもしれません。

 

ぜひお問合せくださいませ!